精神科医による虐待的な実践を非合法化することでインドの未来を救う

カジ・ムザファル・ウル・イスラム医師は 電気痙攣療法と、他の精神科医による虐待的な実践の危険性に関して自国を教育するために、インドでセミナーを提供しています。
インドの時代遅れの精神衛生法が延び延びになっていた徹底的調査を受けます。それはECTが未成年者に実施されないことを確実にし、その他の精神科医による虐待的な実践を終わらせるものです。

他の人たちを助けることへの情熱を持って成長したカジ・ムザファ・ウル・イスラム医師は、インドの緊急医療医師で、2009年に市民の人権擁護の会 (CCHR) をオンラインで見つけました。 定期的に重症ケースに対処していた彼はこう観察しました。「もしあなたが、精神科医から薬物を取り始めたら、生涯にわたる痛みに向かう。本物の薬を取ったら気分が良くなる。 精神薬は単に脳みそを眠らせるだけ。」

「生涯にわたる痛み」のもうひとつの原因は電気痙攣療法 (ECT) です。 カジ博士はストリート・チルドレンがレッテルを貼られ、それから、電気ショックを浴びせられ、彼らを綺麗に拭いて、それから…彼はこう言います…彼らを違法な活動をさせるために「洗脳」されるのを見てきました。

CCHRの教材に基づいて、彼はカルナタカのバプジ看護学校の生徒に最初のセミナーを提供しました。 彼はCCHRのECTのちらしを配布し、禁止を要求し、CCHRのドキュメンタリー「巨利をむさぼる」を上映しました。 彼はさらにセミナーを提供し続けました。

2011年にCCHR国際本部の代表団がインドを訪れた時、彼らは長続きする変化へと形勢を変えました。 カジ博士も参加し、彼らのセミナーと、アジアで最も大きいもののひとつであるヤルワダ地方精神病院の調査を指揮しました。 彼らはそこでおぞましい状況を証拠として記録しました。患者は犯罪者のようにさびついた鉄格子の背後に収容され、他の患者は壊れそうなベッドに縛り付けられ、他の人たちは裸で床の上の薄いマットレスにいました。

砂上の楼閣が震え始めました。 2011年に、政府は1987年の精神保健法を改正案を発表しました。 2013年、拷問に関する国連特別報告者は、「リハビリテーションという名目」の「虐待」である「発作を引き起こす電気ショック」と名づけられた報告書を発行。 ヒューマン・ライツ・ウォッチがそれに続きました。24のインドの精神病院を視察し、200以上の女性のメンタルヘルス被害者にインタビューしました。 2014年に、彼らは「動物よりもひどい扱い」という報告書を発行しました。強制収容、ECTの拷問が詳しく述べられていました。 夫によって承諾なしに施設に収容された女性の例を引用していました。彼女は麻酔下で、知らないうちに何度も電気ショックを与えられていました。 彼女の夫は扶養費を払わず離婚するために、彼女に狂人というレッテルを貼りたかったのです。

遂に、2017年に精神法案法が改正され、砂上の楼閣は善意によって崩れました。 未成年者に対する電気ショック、さらに、精神病患者の縛りつけ、独房への隔離および監禁の禁止。そして精神科の治療を拒絶する基本的権利が個人に与えられました。



精神医療からの虐待を経験したことがある人を知っていたら、CCHRに今日、報告してください。

行動を起こす
精神医療における虐待から守る

CCHRの使命は、メンタルヘルスの名目で行われるさまざまな虐待行為・不正診療を根絶させ、患者や市民を保護する法律を制定させることです。

CCHRは精神科医や心理学者に助けを求めた後、偽って診断され、不要で有害な精神科の治療を受けるよう強要された等、虐待された個々の人からのレポートを受け取っています。 そのような治療には電気ショック療法「療法」、強制入院と深刻な副作用を引き起こすことが実証されている向精神薬投与が含まれまれます。 CCHRはしばしば人々の苦情の提起を援助したり、あるいは彼らの弁護士たちと協力して、さらに彼らのケースを調査することが可能です。

母親、妻、姉妹または父親、兄弟、息子、子供や友人が、精神科医による「治療」で殺されたり損傷を受けたときは、完全な詳細を書き、どのような証拠書類も提供してください。 今日 www.cchr.org/abuseに報告してください。 受け取ったすべての情報は厳重機密扱いで保管されます。

不当な精神医療を根絶させるために力を貸してください。


精神医療における虐待に終止符を

CCHRは非営利のメンタルヘルスの監視機関として、会員制度と寄付によって、精神医学による人権侵害を根絶し、メンタルヘルスの分野における不正行為を一掃するという使命を果たしています。 メンタルヘルスを変えるための世界最大級の活動のメンバーとなるために、精神科医による不当な医療行為から市民を守る180以上の法律制定に寄与しているこのグループへ参加しましょう。

ダウンロード