フレッド・ショー牧師はNAACPと提携し、精神科医による虐待と電気ショック療法からアフリカ系アメリカ人を守る決議案の可決に力を注いでいます。

続きを読む >>
CCHRは、英国王立精神医科大学国際議会は、一般の人々にガラクタ科学を押し付け、イギリスの子供たちを重大な危険にさらしていると主張。

続きを読む >>
精神科医の薬物使用が増加した後、CCHR オーストラリアは驚愕のドキュメンタリーで、この国の人口の14パーセントにリーチしました。

続きを読む >>
CCHR フランスは欧州精神医学会コンベンションを温かく歓迎しました。

続きを読む >>
バンクーバーのダウンタウン・イーストサイドで開催されたCCHRの移動式展示会は、精神科医による虐待という凶暴な行為からカナダの先住民を救う運動の先駆けとなりました。

続きを読む >>
CCHRは、電気けいれん療法、精神科の「治療」に対して大きな声を上げています。それは決して安全性や効果的な証拠を見せたことがありません。 今日それは「助け」という名の下に、5歳の子供にまで使われており、CCHR はこう言います。「この虐待を止めろ!」

続きを読む >>
CCHRフロリダ代表のダイアン・ステインは、人権侵害に対して、 CCHR支部の一員として、誰もができることへの洞察を提供しします。

続きを読む >>
全国看護師コンベンションの生徒たちは CCHRの活動に心から感謝しています。

続きを読む >>
インドの時代遅れの精神衛生法が延び延びになっていた徹底的調査を受けます。それはECTが未成年者に実施されないことを確実にし、その他の精神科医による虐待的な実践を終わらせるものです。

続きを読む >>
未来の世代が同じ罠に陥ってしまうことから守るために、CCHR支部は、ホロコーストにおける残虐行為の真の源を暴くイベントを国際ホロコースト犠牲者追悼デーに開催しました。

続きを読む >>
銃乱射事件はメディアの見出しになりますが、その背後にある向精神薬の多くが記事から明らかに抜け落ちています。

続きを読む >>
BBC ドキュメンタリーは問題を提起します:暴力の背後に向精神薬があるのでしょうか?

続きを読む >>
CCHR東京は、2年にわたる調査と、市民からの激しい抗議運動を通じて、厚生労働省に、精神医療における虐待を抑制するよう呼び掛けました。

続きを読む >>
父親の親権専門の弁護士、ラズ・ミスギャブはCCHRイスラエル支部と協力し、精神医学の「鑑定人」や児童に対する薬漬けに対し、保護者に立ち上がる機会を与えました。

続きを読む >>
ジャーマンウィングス航空の悲劇の後、CCHRドイツ支部は航空政策を改正し、精神科医に責任を取らせるために行動を起こしました。

続きを読む >>
ペンシルベニア州の下院議員のふたりが、子供たちをECTから守る法案を提出しました。

続きを読む >>
君主とその民衆は、CCHRとともに未来の世代を守るために、世界精神医学会の国際会議において主張しました。

続きを読む >>
CCHRは、世界中で最も多くの子供たちに中枢神経刺激剤を与えている国のひとつで展示会を開き、国民に真実を明かし、その国民のために明るい未来を強く求めるように君主を促しました。

続きを読む >>
ダウンロード