シドニーは7歳の時に精神医薬を処方され、「抜け殻」になりました。 姉の愛と妹を取り戻すという絶え間ない努力がなかったら、彼女はそのままだったかもしれません。

続きを読む >>
「アロハ州」(ハワイ州)のすべてが憂鬱に見えたとき、CCHRハワイは、精神医学に関する真実を首都にあふれさせ、11時間で法案を葬りました。

続きを読む >>
軍のチャプレンは、精神医学の偽預言者を信じる人々を目覚めさせ、他のチャプレンたちをトレーニングしています。

続きを読む >>
CCHRはオースティン州立病院の医師チャールズ・フィッシャーから少年達を守るために協力し合う

続きを読む >>
青少年福祉機関と養護施設の破壊の繰り返しを目の当たりにし、市民の人権擁護の会ドイツ支部は、ドイツ政府にその責任を問いただしました。

続きを読む >>
CCHRはあらゆる宗教や専門分野の人々が向精神薬の実態について知識を得て、対処できるようにする教育フォーラムを開いています。

続きを読む >>
CCHRロシア支部は、家族の絆を引き裂き、国家の未来である子供たちを薬漬けにする可能性のあった法案を差し止めました。

続きを読む >>
フロリダ州の市民の人権擁護の会がオーランドで彼らの主張を掲げました。

続きを読む >>
向精神薬の投与が退役軍人における高い自殺率の主要な要因であると、2014年11月に専門家たちが米国上院で述べました。

続きを読む >>
退役軍人の自殺率は一般の人々のほぼ3倍に上り、我らが軍人たちのことを気に掛ける人たちは、その危機に対する緊急の解決策を探し求めています。 その解決策が、CCHRの暴露ドキュメンタリーです。

続きを読む >>
アンドリュー・ホワイト伍長はイラクでの9ヵ月に及ぶ遠征から帰還した、献身的な23歳の健全な海兵隊員でした。 多くの戦友たちと同様に、彼は一見、不眠症や悪夢、情動不安といった、戦争に付きもののストレスに悩まされていました。 その若き海兵は軍隊のメンタルヘルス制度の援助に頼りました。

続きを読む >>
ダウンロード