あなたはECTの科学的レッスンを受けました。
次は歴史のレッスンです。

第一次世界大戦—ドイツの精神科医は、砲弾ショックの兵士たちに原始的なショック装置を使用しました。 彼らの目的? 兵士たちが、最前線での戦闘よりも病院を恐れるようにするためです。

1920年代—オーストリアの精神科医マンフレート・サケルはインシュリンを自分の患者に注射して、「悪い脳細胞」を排斥しようとしました。 ひどいけいれん発作や、5パーセントの死亡率にもかかわらず、サケルは自分の患者が子供のような状態になったという結果を示し、彼の「治療法」を弁護しました。 病院のショック病棟と、インシュリン療法は巨大ビジネスになりました。

1930年代—ハンガリー人の神経精神科医、ラディスラス・ヴォン・メデューナは、メトラゾールという薬物を用いて脳に損傷を与える発作を引き起こすことで精神病を取り除けると信じていました。 ある朝、精神科医は、50人の患者に化学的ショックを与え従順な状態にし、この手順を極めて富をもたらすものにしました。 この経済的成功は、脳に損傷を与えるけいれん発作—電気ショック—という、より利益を得る手段の導入に火を点けました。

患者の脳をずたずたにするためにどのような道具が使われていたのでしょうか?
ドキュメンタリーを見てください。
ツイートする
神経精神科医、ラディスラス・メデューナ