ECTとは何ですか?

電気けいれん療法、またはECTは、何人かの精神科医たちによって使われる手順です。 460ボルトの電流を脳へ流します。 なぜでしょう? 彼らが脳を「リセット」あるいは「再起動」すると主張する大発作を起こすためです。

この理論は未だに証明されていません。 実際、ECTは重大な、そして回復不可能な損傷を脳に与えるという、かなりの証拠があります。

人間の脳は非常に複雑な器官で、絶え間なく、5兆もの信号で身体をコントロールしています。 腕時計の電池のほぼ8分の1の力でその偉業を行っています。 しかし、1回のECTの処置は、脳が機能するために必要とする量の2,300倍もの電力で脳を攻撃し、深刻な外傷をもたらします。

1回のECTの処置で使用する電力によって何台のエレベーターを動かすことができるのでしょうか? ドキュメンタリーを見てください。
ツイートする