二人の戦士が子供と親の権利のために、チリの法律を変え、学校に出席する前提条件である強制的な精神科治療から子供たちを守るために絶え間ない活動をしています。

続きを読む >>
電気痙攣療法(ECT)という考えは、人間をより従順するための「治療」として1938年に開発され、この野蛮な実践は依然として今日でも使用されています。

続きを読む >>
CCHRは米国精神医学会コンベンションで、電気ショック療法を全国で禁止するよう大声ではっきりと言います。

続きを読む >>
州議会議事堂での展示会が有害な精神医学の実践に真実の光を当てます。

続きを読む >>
CCHRは、その50周年を堂々と祝いました。人権を保護してきた歴史を振り返り、人権賞を手にした提携者を称賛しました。

続きを読む >>
1969年に設立されて以来CCHRは、勇敢な弁護士、献身的な議員他、自由の戦士たちと協力して活動してきました。CCHRの50周年を支持する彼らからの言葉です。

続きを読む >>
CCHRが行なっている活動意義を提供するために、CCHRの最初の50年での、数多くの業績のいくつかを見ていきます。

続きを読む >>
CCHRは、強制的な精神医学の実践を終らせるために国連に行きました。

続きを読む >>
児童保護サービスが不法に母親から子供を奪い去ったひとつの事件として始まったことが、刑事事件専門弁護士にとって、熱烈な親の権利のための運動となります。

続きを読む >>
CCHRはメキシコ市民を教育するために「精神医学:死を生み出している産業」をもたらしました。

続きを読む >>
フレッド・ショー牧師はNAACPと提携し、精神科医による虐待と電気ショック療法からアフリカ系アメリカ人を守る決議案の可決に力を注いでいます。

続きを読む >>
CCHRは、英国王立精神医科大学国際議会は、一般の人々にガラクタ科学を押し付け、イギリスの子供たちを重大な危険にさらしていると主張。

続きを読む >>
ダウンロード