さてあなたは活動を始めるよう教育を受けました。

たった今、私たちの中で最も弱い立場にいる、私たちの子供たちが標的にされています。 合衆国の16の州が実際、子供たちにECTを課すことを許しています。 より一層不穏なのは—5つの州が6歳未満の子供にショック療法を行うことを許しているということです。

そのような野蛮さに促され、世界保健機関は「未成年者に対するECT使用の必要性は何もない。したがって、これは法律制定を通して禁じられるべきである」と述べて、強い差し止め命令を発行しました。

しかし、それも米国精神医学会を止めることはありませんでした。 FDA宛ての書類で、APAのCEOと会長の両者は、あらゆる年齢の子供や青年たちにECTを広く利用できるようにするために、FDAの管理者たちに正式に強く勧めました。

時が来ました。 立ち上がる時です。 あなたの声を届ける時です。 ECTとは本当は何なのか、声を上げましょう:それは野蛮で、脳を破壊する犯罪行為なのです。

もし私たちが十分に活動し、十分に声を上げれば、ECTが多くの人々に対して行ったことを、ECTに対して行うことになるのです。

私たちはその寿命を縮めるのです。