あなたには黙秘しない権利があります。

彼らは人権のために声を上げたのです。 彼らは精神保健の虐待に対する声を上げたのです。 市民の人権擁護の会(CCHR)は、50年にわたって精神医学による人権侵害を暴き、闘い、勝利してきました。

CCHRは、1969年、精神医学による人権侵害を調査・摘発するために、Scientology教会とニューヨーク州立大学シラキュース健康科学センターの精神医学名誉教授トーマス・サズ博士によって設立されました。

彼らの声は30ヵ国以上に広がる150を超える支部で聴かれています。 医師、弁護士、教育者、芸術家、実業家、公民権・人権活動家などを含む、その顧問委員会は強力な存在です。

声を上げることは結果を生みます。 CCHRは法制審議会で証言し、精神医学における虐待に関する公聴会を開き、世界中でメディアや警察当局、行政官らと協力して、何百もの改革に関わり、それを鼓舞してきました。

CCHRは黙ったままではいません。 そしてあなたもそうするべきではありません。